読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

あなたの心に届くといいな

羽ばたけなかった小鳥たちへ〜「ふてぶてしい女神と白衣の破壊神」連載シリーズその1〜

「闇が光に変わる。太陽になる。朝になれば日が昇る。 ここで一気に形勢逆転」 ーーなんて言う言葉が耳に入ってきたので 先に記しておきつつ、 先日の記事でお知らせしたように、 まずはふてぶてしい女神の私から、 交換日記のような連載シリーズをスタート…

「よくわからないけれど良い感じ」のアンテナを大切に

今日は、夫の希望で海の見えるカフェでお茶してきました。 そこで面白いことがあったのです。 飲み物を注文し、窓の外に広がる海を見ながら ふと視線を店内に移すと、 ご無沙汰していた知り合いの姿を発見! 思わずこちらから手を振りつつ 「こっちを向いて…

等身大の自分をそのまんま伝える

昔と違って今って、 インターネットやSNSの発達で、即いろんな人と繋がったり、 興味深いイベントに参加して、 そこで新たな出会いがあったりして エキサイティング。 袖振り合うも他生の縁っていう 言葉どおり、 そういった出会いをきっかけに始まった お互…

遠回りをしてやっと気が付いたこと

「何もしなくてもい。 そのままそこにいてくれたらいい」 その言葉をもうすこしわかりやすくすると、 「肩ひじ張らなくても、 内側から湧き出てくるものに満たされながら 毎日を送ればいい」 ということなのだと気が付いた。 向こうはずっとずっと同じメッセ…

備忘録その2〜掛け算すると個性が際立つ

今朝、食器を洗っていたら、 「昨日は掛け算に出会った日だったなあ」という ぼんやりした感覚が浮かんできました。 まず、このぬか漬けセット。 書店で食品関係の書籍とコラボで陳列されていました。 パッケージがおしゃれで目を引くものというのもあったし…

まだその枠の中にいるつもりですか?

昨年末から飾っていた正月用の白菊を、 それぞれ違う場所にガラスの花器に挿し替えてみた。 「なんとかマム」とかいう、小洒落た名前もついていない、 いたってフツーの白菊たちなのに、 ふんわり優しくて可愛らしくて華やかな感じすら漂ってくる。 私の頭の…

あなたが本当にやりたいのは「それ」ですか?

これをやっておいた方が安心だから。 こうしておいた方がお得だから。 こう振る舞っておくと無難だから……。 別に、安心やお得や無難を取ってもいいのだけど、 それらを選択したことで、 自分の中の芯が、いじけたり、無気力になったり、 諦め悲しんでいたら…

「憧れのあの人」は自分だったりします

「今までの人生、振り返ってみると、 AさんにBさん、CさんにDさん、 いろんな人に影響受けたなあ。 皆、それぞれ持ち味が違うんだけど、 どれも自分にないものばっかりなんだよ」 それ、違います。 全部あなたの中にあるものなんです。 自分では気づいていな…

引き算をしない〜等身大の自分でいるために

等身大でいるって奥が深い。 それは、「自分に余計なものを足さない」という ことだけじゃないから。 自分はこんなに素晴らしくてすごいんだと、 そのままの大きさで表現する。 好きな人に「好き」って言う。 周りを気にせずやりたいことをやってみる。 まだ…

自分の顔立ちに遠慮しない

笑うとぷっくりする頬には、 それが際立つよう、 まあるく、優しくチークを入れる。 つぶらな瞳はより映えるよう、 まつげをビューラーでくるりと巻き上げ、 マスカラをたっぷり塗ってあげる。 物憂げな眼差しは、より表情豊かにするために アイシャドーを幾…

「安心」することの効用

昨日は自分に課した宿題の締切日だったのに、 まったく捗らなくてFBでつぶやいてみたら、 参考になるコメントをいただき、 無事轍から抜け出せた、そんな一日だった。 決して無気力だったわけじゃない。 ドライブがてら、 お世話になった方に差し上げるプ…

豊かさは循環の中にある

この方の個展に行ってきた。 作品だけ観て帰るはずが、気がつけば4時間近くも滞在していた。 そこでご一緒した方と話していて、 あらためて「そっかー」と発見したことがある。 それは、 ギャラリーにはたくさんのお酒や食べ物があって、 画家さんが振る舞…

こんなインスピレーションもある

もし、あなたが仕事の打ち合わせの席で、 突然いわれのない人格否定と能力否定をされて、 その場で契約打ち切りされたらどうする? そりゃ、いきなりだもの。ショックだよね? さらに、人間としての基本的な生き方がなっていないとか、 それが仕事にも表れて…

あなたも私もすごいんです

この間、ある人に言われた言葉が、 私のことをとても軽く見ているように聞こえて、 とても腹が立った。 家に帰って、 「ふざけるな〜!」 「馬鹿にしてる!」 「見くびってんじゃないよ!」 ……などなど、ひとしきり吐き出した後、 よくよく考えてみると、 そ…

海辺のカフェでセッション

先日、海辺のカフェで個人セッションしてきた。 景色の良い場所でお茶が飲めるだけでも楽しかったんだけど、 あらためてしみじみと感じたのは、 セッションするのが大好きなのだということ。 セッションの時間は、 クライアントさんが宝箱を開ける場面に立ち…

ちっぽけな自分に出会ってからの~伴走者としての私のあり方が見えてきた

夏至前からいくつもの変化が訪れ、 まるで、これから私がどうありたいのかを試されるようだった。 心の声に従って進みながらそこを抜け出た後、 宇宙空間に放り出された感覚になった。 軽いんだけど、どこか心細くなった。 そこでコーチングを受けてみた。 …