華麗に炸裂してレディとして生きていく方法

魂の疼きの華麗なる炸裂の後にはあなただけの花が咲く

とことん自分をかまってあげる

残暑お見舞い申し上げます〜2019年・晩夏

残暑お見舞い申し上げます。 あなたはこの猛暑の中 いかがお過ごしでしたか? 私は、義実家でご馳走を食べたり、 川にバーベキューに行ったりしていました。 サービスエリアで食べるアイスは 非日常の味だったり、 セルフネイルをキラキラにして 楽しんでい…

人と人とがパズルのピースのようにつながっていきますように

今日は夫婦揃って次男が通っている施設に 面談に行ってきました。 というのも、通所している次男の行動が、 一般社会から見れば ちょっと不審に思われてしまうものだったから。 面談が始まる前は憂鬱で仕方ありませんでしたが、 親である私たちも施設のスタ…

一見無駄に見えるのに実はとってもいい時間〜ふたりで朝活

今日も夫とカフェで朝活してきました。 男性の割に華奢な夫と 女性にしては骨太な私のおみ足。 以前は2人とも休日は朝寝坊するたちだったし、 もっと以前は2人とも休日などないような 生活を送っていましたが……。 いざやってみると朝独特の清々しさが心地よ…

優しくて可愛らしいおばあちゃんになるために新たに始めたこと

最近、パソコンがあればどこでも受けられる ヨガのオンラインレッスンを始めました。 以前、ヨガやピラティスなどを融合させた 体操を学んだことがあるので、 いろいろと比較しながら心や体に起こる変化を 楽しんでいるところです。 私のささやかな? それと…

一歩前に進むと思いもよらない展開が

ここ2日ほど、ずっとパソコンにかじりついて、 諸々の作業に没頭していました。 昨日は気がつけばすっかり空腹で、 夫が夕飯を作ってくれていたし、 今日は朝に感じた「スタバに行く!」との 内なる声に従ったところ、 ドリンク無料券が当たって なかなかい…

メルマガ始めます

このたびメルマガを始めることになりました。 最新情報や華麗に炸裂する方法、 ちょっとプライベートなことや 踏み込んだお話など、 不定期にてお届けしていきます。 ご登録は→こちら さてお知らせはここまで。 今日は、 男女を問わず絶賛されていた映画 『…

旅先で買い求めたバッグに詰まっていたものとは?

どこに持って行っても「カナエさんらしい」「似合います」「素敵!」と言われているリバーシブルのバッグ。 実は小さなリュックひとつで出かけた旅先で荷物が増えて、急遽買い求めたものなのです。 ちょうど令和が始まった日で、地元ショッピングセンターの…

今が見頃のバラを愛でてきました

初夏と梅雨の狭間のこの時期。 蒸し暑さの中にも薫風が感じられて 外にいるのが気持ち良いこと! 横浜にある、 港の見える丘公園まで 今が見頃のバラを愛でに 家族で出かけてきました。 園内全体には バラの芳醇な香りが 漂っていて、 どこもかしこもバラが…

華麗に過ごしたゴールデンウィークでした

今年のゴールデンウィークは 本当に10連休なのだと実感したのが 4月半ばのこと。 息子が持ち帰った学校予定表を まじまじと見るまでは どこか他人事だったのです。 しかし、いざ始まってみると あっという間でした。 六本木のクラブまで ラテンミュージック…

わからなくても進んでいきましょう

平成の終わりでもある 4月30日(火)の23時59分で受付終了の 恩送りセッションに、 駆け込みでお申し込みをいただいています。 実際にセッションするのは 新時代の令和に入ってからとなりますが、 気になる方は今のうちにどうぞ♪ →恩送りセッション 今年は長〜…

理想の人生への第一歩は小さなことだったりします

お客様には 「ピンときたことは どんどんやってみてくださいね」 と言っているのに自分はというと、 年初に書いたやりたいことリストにあった 「エクササイズを体験する」を 昨日やっと実現してきました。 広いスタジオで皆でエクササイズするのは とっても…

奔走しつつも平成最後の桜を愛でていました♪ 〜近況報告

すっかりご無沙汰しておました。 この4月から社会人になった次男と、 高校生になった三男のサポートで、 ここ10日ほど奔走していましたが、 それぞれなんとなく ペースを掴んできたようなので、 徐々に手を引いていこうと思います。 通りがかりに目にしたシ…

多様性の先にあったもの、それはシンプルかつあたたかい世界でした

今日は次男の養護学校の卒業式でした。 様々な生徒に配慮した式は、掛けられる言葉も、全体の動きもとても簡素。 なのに、送り出してくださる先生方や在校生たちのあたたかい気持ちが会場全体を包み込んでいました。 胸につけてもらったコサージュは、在校生…

勝手に重い荷物を背負っていたのは他ならぬわたし自身でした

昨日参列した三男の中学校の卒業式は、 母親の私にとっても 「義務教育からの卒業式」 だったのかもしれません。 寂しさよりも清々しさの方が勝って、 大きな何かを一つ達成したようで、 心が晴れやかでした。 式の後、各クラスで行われる最後の ホームルー…

時間に寄り添う

なぜか無性にシンプルなクッキーが 食べたくって、 ウン10年ぶりに焼いてみました。 まさに大人の粉あそび。 お菓子って作るのには そこそこ時間がかかるわりに 食べるのはあっという間。 今までは、 特に大人になってからは その時間がもったいないとさえ …

ないないづくしどころか、常に大きな恵みを受け取っているのです

仕事と勉強と風邪っぴきで やっと落ち着いたと思ったら、 すでに2月……。 昨日はまだ病み上がりだったので、 ランニングはやめて 海辺をウォーキングしたら、 体にエネルギーが満ちてくるのが わかりました。 床に伏していたときも、 家族にご飯を作ってもら…

春の兆し

まだ外は寒いのに、 我が家の観葉植物たちは 新芽を伸ばしています。 ほったらかしにしている割には すくすく育っていて、 とっても健気。 きっと部屋の居心地が 良いのでしょう。 ★装い難民の方、お待ちしております♪ あなたに似合うスタイルを頭から足の先…

まずはそれぞれが自分の世界を生きていく

先週末は二日連続で スロージョギングができて 大満足でした。 海沿いをひたすら走ったのだけど、 すこ〜んと体じゅうの何かが 入れ替わったかのよう。 水鳥たちも羽を休めていました。 もちろん夫と二人だったので、 ここぞとばかりに話す話す……。 彼は彼で…

世界に一人しかいないあなたへ

カフェでランチしていた時のこと。 隣の席のシニアの女性二人連れに 「あら、素敵なバッグ♪」と 褒められました。 それで、そのバッグの どんなところが魅力で なぜ買ったのかなど お話しつつ…… 「若いっていいわねえ」 「いえ、そんなに若くないんですけど…

思いがげないお年玉を受け取ったことで浮かび上がった新年の抱負

2019年が始まって4日目。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 昨春義母が他界して この年末年始は喪に服してはいたものの、 年明け早々、近所の神社に参拝したり、 正月ならではの大ご馳走をいただいたり、 映画を観に行ったりと お屠蘇気分を味わっていました…

すべては循環していく

気がつけば2018年もあとわずか。 私はといえば、 部屋の片付けにクリスマスコンサートに 温泉旅行にウォーキングにと 年末気分を満喫しておりました。 そして旅先のホテルで、 窓の外に広がる大海原を見ながら 温泉の大浴場にぼーっと浸かっていたら、 「す…

物事はすべてが調和して進んでいくから

たまたま昨夜、 障害を持ったお子さんの悲しいニュースを 読んだのがきっかけで、 私の中にある様々な思いが溢れ出し、 夫にすべてを聞いてもらいました。 「障害を持つ息子たちのフォローを するために、 私の今後の人生を生きていかなければ いけないとど…

毎年イルミネーションを見るたびに思うこと

街に出るとあちらこちらに イルミネーションが飾られていて、 見ているだけで心が踊ります。 そして、毎年この時期になると、 衣食住が不足なく年を越せるありがたさに 感謝の気持ちでいっぱいになるのです。 当たり前のことなんかひとつもないし、 ないと思…

あなたの顔は仏壇です

タイトルの言葉は、 今朝、鏡に向かってメイクしていて 浮かんできました。 「朝から仏壇だなんて、 いったいどういうことなの⁉︎」と ギョッとしたものの、 しばらく経って なんとなくわかったのです。 毎朝顔を洗い肌を整え、 自分の顔に粉をたたき紅を差す…

こころのひらきかた

先ほど出かけたときのこと。 コンビニに用があったので、 私一人で車を降りようとしたら、 夫と三男も降りてきました。 三男はどうだか知りませんが、 夫は「(私と)一緒にいたいから」 降りたそうです。 そういう素直な気持ちを 言葉にできる彼はすごいな…

映画『ボヘミアン・ラプソディ』つれづれ

「音響設備の良い所で観るのが良い」と 聞いて、川崎まで行ってきました。 映画『ボヘミアン・ラプソディ』。 イギリスの伝説のバンド「クイーン」の ボーカル、フレディ・マーキュリーの生き様が 映し出された作品です。 あまり詳しく書いてしまうと ネタバ…

私という鉛筆をもっと尖らせて美しい線を描きたいのです

ここ最近は、 次男三男の卒業後の進路に向けて あれこれ動いていました。 三男は、現在次男がお世話になっている学校に 進学するのでまだ様子がわかるものの、 次男の進路にいたっては、 夫も私も歩んだことのないルートなので 先のことはよくわかりません。…

大地讃頌な秋の空

中学校の年間行事のひとつ、 合唱コンクールがありました。 三男の中学校生活もあと5カ月です。 彼にとってはもちろんのこと、 長男の中学生時代から毎年観てきた 私にとっても、最後の合唱コンクール。 若々しく瑞々しい歌声は、 澄み切った秋の空を思わせ…

「アヤシイ」は、妖艶であることの賛辞の言葉でした

もう若かりし頃から、 「魅惑的」ならまだ良い方なのだけど、 「アヤシイ」と散々言われてきて、 それが本当に嫌でした。 でも、自分の顔立ちにミステリアスな 要素があることがわかってからは、 「アヤシイ」と言われても 仕方ないのね、と流せるまでには …

続けていてくれたから救われました

今週末に参加するイベントでは 仮装することになっていて、 準備もいよいよ大詰めです。 何に扮するかは、 お楽しみということで^ ^ そこで、 ネットショップで5年前に買ったまま、 手をつけていなかった 衣装セットの袋を開けてみると、 使い方のわからない…