とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

とことん自分をかまってあげる

冷やし中華、はじめました

炎天下の中、大汗をかいて帰宅した三男。 そんな彼がリクエストしたランチは 冷やし中華。 クーラーの効いた部屋で 2人仲良く食べました。 あまりにもありふれた日常だけど、 こういうのを幸せって言うのでしょうね。

たましいのうずき

今日、心の中にふとよぎった言葉。 「それをやり切らなかったら、 死ぬとき後悔するよ」 ああ、やっぱりそうなのね、と ひとり納得した。 それをせずにはいられない魂の疼き。 この感覚が私を未来へと導いていく。 〜〜〜〜〜 あなたが本当に望んでいる人生…

人間らしく

この週末は、 長男の誕生祝いに始まって、 地元のリゾートホテルでティータイムを 過ごしたり、 逗子、鎌倉とドライブした先でも ご馳走ざんまいでした。 さすが湘南は海の家もオシャレ。 気持ちの良い空。 ビーチは海水浴客でいっぱいでした。 鎌倉では素敵…

「狂」のススメ

なぜかモヤモヤしたり 目の前のことに集中できなかったり 周りが気になるとき。 それはまだあなたが狂えていない、 または狂い切れていないのかも しれません。 「狂う」なんて言うと響きが 良くないかもしれないけど、 余計な考えが吹っ飛んだ状態とも 言え…

カフェインを気にせずに紅茶が飲みたくて

午後にカフェインを摂ると 目が冴えて眠れなくなってしまう私。 でも、紅茶をはじめとする お茶類は好き……。 そんなわけでカフェインレスや デカフェのお茶を揃えて 楽しんでいます。 さらに、ちょうど手作り食パンを いただいたので、ゆで卵もつけて カフェ…

虫は虫でしかないのに

バスマットの大海原を泳ぐコガネムシ。 梅雨明けの声を聞いて 何を想っているのかしら? こちらはポロシャツの肩に止まった カマキリの赤ちゃん。 小さくてもちゃんとカマがあるの。 ゴキブリや蚊が出ると即退治! なのに、同じ昆虫でも退治されるどころか …

こころのとびら

ぼっち感を抱えながら外に出てみると、 大いなる何かと小さな何かに見守られてるってことに 気がついた。 優しく語りかけて来るマツバギクや さわさわと葉っぱを揺らすご神木。 自分で閉ざしていただけだった。 みんなみんなつながっているのね。 〜〜〜〜〜…

いつもより「いつも」を丁寧にしてみる

不在で受け取りそびれていた届け物を 先ほどやっとこさ受け取りました。 軽くてカラフルなカレー皿2種。 シチューも煮物も何でもいけそうです。 新しい器がやって来ただけで、 今夜は何にしようかな? と 料理するにも張り合いが出るというもの。 心を乱さ…

梅雨の晴れ間に

グレープフルーツジュースの向こうに夏が透けて見えた。 〜〜〜〜〜 あなたが本当に望んでいる人生を思い出してみませんか? ★LDM個人セッション・魂の開花の個人セッション →こちら 6月21日(木)開催です⬇︎ ★LDMインスピレーション力®︎1日集中クラス →こ…

外出先にて

街路樹の足元には 誰かが植えた優しさが 花開いて微笑んでいた。 ********** こちらの動画もご覧ください⬇︎ ameblo.jp (アメブロ始めました) 〜〜〜〜〜 ★LDM個人セッション・魂の開花の個人セッション →こちら 6月21日(木)開催です⬇︎ ★LDMイ…

たとえ思い通りに進まなくても……

トータルセッションを継続中で あとは最終セッションを残すのみ、という クライアントさんから、 延期依頼のご連絡がありました。 もちろんちゃんとした事情があってのこと。 そちらが落ち着いたら再開することになっています。 そのクライアントさん、 過去…

「なんとなく気になった」ワークショップ参加からもたらされたもの

少し動くだけで蒸し暑さを感じるこの空気。 関東地方の梅雨入りも間近なのかしら? さて、今日は気になっていたワークショップに 鎌倉まで行ってきたのだけど……。 ちょうど会場の近くに 今が見頃のバラ園のある鎌倉文学館があると知り、 深い緑に囲まれた洋…

もっと緑を感じたくて

この週末は、窓の外に牧歌的な風景が 広がるカフェでしばしくつろぎました。 青々とした新緑は目にも鮮やかで 見ているだけで心が和み、 自家製ジンジャーエールの味が ますます美味しく感じられるほどでした。 最近、「もっと自然の中を歩きたいね」と、 夫…

こころがほどけそうな時

広いホールでふと足が止まった。 芸術は身近なところにある。 市役所にて。 〜〜〜〜〜 ★LDM個人セッション・魂の開花の個人セッション →こちら ★LDMインスピレーション力®︎1日集中クラス →こちら

自分の真ん中にいることで、どんな場面も楽しくなります

ここのところ私の生活スケジュールは 次男の現場実習に合わせて流れています。 一般的な高校生よりは手が掛かるので、 ちょっと大変ではありますが、 まず、「私自身がどうありたいか?」を 明らかにしているおかげで ご機嫌に過ごしています。 ちゃんと寝て…

余白に宿っているもの。それは…

端午の節句の兜をしまった後、 床の間がガラガラの空間に。 でも、今さらながら 「余白の美」とやらを味わっています。 空っぽの花瓶に、どんな花を 挿そうかしらと思いをめぐらすのも また愉し。 持ち物でも予定でもなんでもかんでも ぎゅうぎゅう詰めだと …

自分を満たすってそんなに難しいことではないのです

ここ1週間で、 研修で都内に行くことが3回ほどありました。 日ごろ緑あふれる環境で過ごしているせいか、 都会で目にするものたちは刺激的! おのずと気分が高揚します。 でも、やっぱりホッとするのは地元かな。 空気感が緑の香りと潮風を含んでいて 都会…

笑いは祓いにつながります

先日お腹の皮がよじれて 腰が立たなくなるほど 涙を流しながら大笑いする出来事が あったのですが、 そのあと心身ともにスカッとして、 今の私には笑いが足りなかったと 気づきました。 いえ、普段もよく笑っていますが、 もっともっと笑いたかったみたいで…

「私は私」であるほど尊重できるものとは

最近、無性に眠いのと、 自宅でくつろぐことが多くて、 カフェでのんびりしていませんでした。 そこで久々にカフェに入ったのだけど、 こういうシャンデリアを見ると、 自分の部屋に飾りたくなります……。 天井低いのにうまく収まるのかしらん? もともとのお…

いのちの調べを奏でていますか?

それは、あなたの奥深いところで 常に流れているもの。 嬉しさに胸が高まったり、 意気消沈して静まり返ったりと 緩急さまざまなリズムを持っている。 どちらかを隠さなくてはいけないとか、 もっと軽妙にする必要もなく、 ただ湧き上がるままに 混じり気の…

義母の手仕事が遺してくれたある意外なもの

先月亡くなった義母が まだ元気だったころに漬けた らっきょうの瓶。 夫が持ち帰って来て 毎朝少しずつ食べています。 夫はこの瓶かららっきょうを 取り出して食べるたびに 義母のことを思い出し、 懐かしい味を噛み締めて いるのでしょう。 そしてこのらっ…

家庭訪問とかツツジとか

夏日だった今日は、三男の家庭訪問がありました。 先生のお話によると学校生活を満喫しているようで それが何より……。 というのも、感受性の強い子なので、 今までの集団生活の中でもいろいろなことがあり、 親としてもいたたまれなくなることが 幾度もあっ…

襖一枚でも一幅の絵画に値するのです

「風薫る」という季語にふさわしい 陽気のゴールデンウィーク。 皆さまいかがお過ごししょうか? 近所では庭仕事や家の補修に 励んでいるご家庭がちらほらと……。 私も、このお天気とゆったりとした 時間の流れを逃すまいと 冬物や大物の洗濯をしています。 …

誰もがグレイテスト・ショーマン

あちこちから、 「もうすぐ終わっちゃうから 早く観た方がいいよ」と言われて、 やっとこさ観てきました。 少しだけネタバレになるのだけど、 映画の中で印象に残ったシーンはというと……。 主人公の興行師がユニークな人材を求めたところ、 姿かたちも人種も…

やってみたいことは意外と平凡なことでした

明日からゴールデンウィークですね。 いつもより時間が取れるのでやってみたいことを リストに書き出したのですが、 あまりにも平凡で自分でも笑っちゃいました。 ・映画「グレイテスト・ショーマン」を観る・襖の張り替え・和室の窓際に布を掛ける・バーベ…

贅沢って何でしょう?

ここ数日、 いつもよりやりたいことを やってみようと過ごした結果、 朝風呂ざんまい&お家でのんびり することに。 庭に咲いたミヤコワスレと 先日母がくれたフリージアを 花瓶に挿して愛でたり、 和室を模様替えするにあたっての 参考画像をネットで見まく…

「幸せの交流会」でした

今にも雨が降り出しそうな曇り空の中、 花が咲き始めたフリージアの鉢を、 両親が車で運んで来てくれました。 母は植物を育てるのが上手で、 今回のお花も開花寸前まで実家で 育ててくれていたものです。 お土産はまだまだほかにもあって、 筍ご飯やイチゴや…

「正しさ」も使いよう

社会や集団の中の決まりごとや慣例って、 絶対変えられないものなのでしょうか? 一度自分が改正を求めてもダメだったから、 他の誰かがあらためて改正を求めるのは 無理で無駄なことなのでしょうか? そもそも決まりごとって、 人間が決めたこと。 だからそ…

この世を去る時、「楽しかった」と言えるように

以前のブログ記事で、 「4月は何もしたくない」ということで、 緩やかに過ごしている旨をお伝えしましたが、 今月に入ってから、 義母の容態が急激に悪化して、 先日目を落としました。 昨日、告別式と初七日が終わって やっとひと息ついたところです。 意…

「私は可愛くない」と心に刻んでしまったきっかけ

まず、こちらの記事から読んでいただけると わかりやすいかと思います。 ↓ canoca.hatenablog.com あれはまだ3歳くらいの頃。 母が使っていた鏡台は三面鏡になっていて、 その前に立って鏡の中を覗き込んだり ポーズをとったりすると、 いろんな姿かたちの…