とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

とことん自分をかまってあげる

「私の一番」と「あの人の一番」

さきほど、義実家から届いた梨をむいて食べてたら、 あれも書いとかなくちゃ! と思い出したことが……。 昨日出展者として参加したイベントでは、 私が待機していたブースの目の前は、 ヒーリング、カード、セラピー、 天然石やアクセサリー販売など 実に様々…

光の射し込むところ

三連休の最終日は 地元でのんびり過ごしています。 一昨日、次男の学校の文化祭では、 生徒の弾けるパワーに感化されて 私まで女子高生に戻った気分に。 ↑ そして、 校内いたる所にこのフレーズが^ ^ 昨日初出展した 横浜ヒーリングマーケットでは、 来場者…

キャッチしたからにはやらずにはいられないのです

いつもお会いする方に 「なんか、イキイキしてますね〜」って 言われました。 実は、あれもこれもしなくてはと 頭の中がパンパンしてるけど、 それらでさえ、 私が望んでやりたいことだから、 そう見えるのかもしれません。 どんなに素晴らしい インスピレー…

疲れている自分をそのままにしておかない

秋は何かとイベントの多い時期。 息子たちの文化祭や体育祭の準備で、 牛乳パックやペットボトルを持たせたり、 体操服にゼッケン縫い付けたり、 いつもより母業に励んでいるかも。 彼らも帰宅後は学校での疲れが出るようで、 おやつを食べた後、夕飯までの…

洗濯に励んでいました

この二日間は雨と風に 振り回されっぱなしでした。 全身ずぶ濡れになり、 洗濯物だけでなく シーツや布団までびっしょりに。 夜中近くまで洗い直しに追われ、 最後に私が 荒れまくっていましたとさ。 乾燥機と浴室乾燥が フル回転でした。 でも、いいか。 嵐…

心のお部屋の模様替え

部屋の壁を塗り替えたくて ペンキを買いにホームセンターに行ってきました。 10年くらい前は、まだペンキの色って 限られていたのですが、 久々に売り場に行ってみると、 1,000色以上もある豊富な色見本の中から、 自分の好きな色を作ってもらえるようになっ…

カフェ日和

今日は朝から晩までしゃべり倒していました。 私、そんなにおしゃべりな方じゃないんだけど、 素敵なカフェにいると心も開いちゃうのかな? とにかくとってもよかったんです。 メインディッシュの写真を撮り忘れるくらい 料理も美味しかったし。 たまにはこ…

幸せは足元から

シューズの紐が傷んでいたので、 新しく取りかえました。 素敵でしょ? 足元が華やかになり、気分も上々になったところで 気になっていた支払いを済ませ、 新たにできたというカフェに行くことに。 しかし、何度確認しても そのカフェが見つからない……。 も…

ふたりでおやつ

息子たちの学校も始まり、 親子ともども 徐々に夏休みモードが抜けています。 今日は今日で、 あの暑さはどこに行っちゃったの⁉︎ っていうくらい涼しい。 秋の味覚を食卓に 並べたいところだけど、 三男のおやつタイムに付き合い、 温かいお茶と一緒に ワッ…

気高さと凛々しさと

飾り始めてから今日で6日目を迎えたユリの花。 小まめに水をかえているおかげで、残暑続きの中でも次々と花を咲かせてくれています。 ゴージャスな花、可憐な花、ポップな花といろいろあるけれど、 気高さと凛々しさを兼ね備えた花ってなかなかないなあと、…

その「もっと」は誰のため?

自宅リビングで書き仕事をしていて、 ふとひと息つくと、 先日我が家に迎え入れたばかりの ユーカリが目にも優しい。 サラと名付けました。 玄関のウィンドーチャイムも 風に吹かれてキラキラと音を奏で、 とても癒されます。 しみじみ、お家っていいなあっ…

新境地に向かって〜そんな私も受け止めてあげる

本日開催のSS健康法伝授会は、遠方から参加がありました♪ はるばる横須賀までいらしてくださり とても嬉しかったです。 SS健康法が結んでくれたご縁とでもいうのでしょうか? 人と人との出会いに偶然などないのですね。 と言うのも、ちょうど今朝、 こんなメ…

それぞれの夏〜2017

雨の日が続いて、 ようやく晴れたなと思ったら 8月も下旬。 これほど家族のイベントが ない夏は初めてでした。 しかし、振り返ってみると、 夫と長男は 世界陸上大会のTV中継に燃え、 何もなかった出窓は、 夫のプチ書斎スペースに。 (空のボトルに水を入…

あとは流れに身を任せよう

もともとそそっかしいところのある私ですが、 ここ1ヵ月の抜けっぷりと言ったら 半端じゃない……。 ★持ち合わせもないのに、 カフェでメニューを注文。 (即、近所のATMに駆け込んでお金を下ろす) ★PASMOに残高がほとんどないのに気づかず外出。 (残高不足…

甘い魔法

役所の対応とか 家族の送迎とかで、 誤案内、勘違いが続出。 踏んだり蹴ったりってのは このことだっていうくらい、 まあ、いろいろとあったけど、 前から食べたかったアイスを 味わってるうちに、 刺々しかった心が だんだんと鎮まった。 甘い魔法。 ■ ■ ■ …

世の中は愛でいっぱい♡

最近スーパーに行くたびに 1人で感動してます。 だって、キャベツひとつとっても、 ここまで立派に育てた農家の人、 スーパーで買い付けてくれた人、 遠くから運搬してきてくれた人、 目の前に丁寧に陳列してくれた人が いるから買える。 添加物が入ってる…

すべての体験は宝物

ここ最近、想像するだけで楽しくなってくる インスピレーションがいくつも降りてきています。 気のせいか、SS健康法を受けてから ますます加速している感もあり。 それらのインスピレーションを形にする際、 過去培ってきたキャリアや様々な体験だけでなく、…

子供の夏休みが憂鬱でした

タイトルを書いて、 一瞬「そんな人いるのかな?」って思いましたが、 かつての私がそうだったので、 筆を進めることにします。 子供の夏休みって、煮詰まることがありませんか? ただでさえ暑いのに、 兄弟喧嘩など起ころうものなら 叱りつけるこちらまで熱…

幸せに生きて行く上での最重要事項

夏休みって、 家族の生活パターンが いつもと違ったり、 子供をあちこちに送り迎えしたりと 家の空気が乱れがち。 そこで、 なんか気分転換したくなり、 日が射さず風も涼しい今日、 たまたま在宅していた夫に 家じゅう掃除機を念入りに かけてもらいました…

有り余るエネルギーの使い方

ず〜っと昔から、 自分の中に熱く激しいものがあることには 気づいていました。 自分ではうまく隠してるつもりでも、 周りにはわかってしまうようで、 友達に「男の兄弟がいるみたい」と言われたり、 スキーのインストラクターに 「滑りにあなたがよく表れて…

花のように生きる

強い陽射しの中、 日傘の向こうから視界に飛び込んできたのは、 このピンクのお花でした。 気持ち良さげに風に吹かれながら 咲き誇っている様子に、 思わず足を止め、見とれてしまいました。 花はただそこにいて精いっぱい花を咲かせている。 私もそんな風に…

そんな私もカッコいい

昨日開催だったこちらのイベント、 参加者ゼロだったので、 結局開催しませんでした。 で、そのことを知らなかった方から 「昨日、どうでしたか?」と聞かれ、 ・申し込みがなかったので 開催しなかったこと ・認知されてないので 知ってもらい参加してもら…

たいせつはけっこういそがしい

自分を大切にするって 結構忙しいし エネルギーを要します。 言いたかった本当の気持ちを 打ち明けるのに 深呼吸しなきゃいけないこともあるし、 やりたかったことをやって、 ヘトヘトになることもあります。 周りからとやかく言われることも あるだろうし。…

バランス

バランスは取るものではない。 湧き上がってくるものに従って 全力で動いているうちに、 自然と取れてくるもの。 全力で回る駒みたい。 ■ ■ ■ ■ ■ 開催予定のイベント・提供しているメニュー一覧■ ■ ■ ■ ■ ★LDM個人セッション・魂の開花の個人セッション(随…

ただの私

何か特別なことをしなくても、 毎日を坦々と暮らすことで ちゃんと使命を果たしている。 だから、 日々働いて家事育児して、 心と体をいたわって、 やりたいことを どんどんやってみよう。 小さなことでも構わないから。 ■ ■ ■ ■ ■ 開催予定のイベント・提供…

スペースを空けてみる

つい先日、 長らく出窓の主役を飾っていた サボテンたちが引退しました。 日に当て、 たまに水をやり、 大事に育てていたけれど、 やはり寿命が来たようです。 何も置かれていない出窓も シンプルで心地いい。 でも、 次は何が来るんだろう? と、 どこかで…

心の網戸を整えて、自分だけの景色を見てみよう

エアコンのフィルターを 掃除すると、 冷風がバンバン送られてくるし、 調理に使った油もフィルターで ろ過して再利用すると 美味しく使えるし、 体内のろ過機能である腎臓も 健全な排泄の要だし、 浄水器もフィルター機能が命だし、 今の時期なら、屋外内を…

曇ったメガネで現実逃避しても幸せにはなれないのです

誰のアドバイスも参考にならないような育児にまみれ、 私とではなく、仕事と結婚したのではないかというくらい、 自宅にいない夫との生活。 打ち込んでいた趣味の活動も手放すことになり、 私は生きる楽しみを見出せなくなっていました。 ちょうどそのころ、…

そう思っていたのは私だけだったのかもしれない

駅前のロータリーでバスを待っていた時のこと。 向こうから、ランドセルを背負った男の子が 母親に手を引かれながらこちらに歩いてきた。 母親の張り詰めた表情から、 すでにその子は小学生ではあるものの、 手を離すと道路に飛び出すかもしれない というこ…

「自分発」で始めよう

今朝、出勤前の夫が、 職場であったことを少しだけ話してくれたのだけど、 話を聞きながらあらためて、 「なんて頼もしいのだろう!」と 思わず唸ってしまいました。 「自分のために」をきわめていくと、 「自分」の範囲が、 本人(夫)→妻(私)→息子たち(…