とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

映画「スター・ウォーズ」を観ての所感

自分の中の

弱さや惨めさを認めないから、
本当の意味で強くなれない。
 
特に師を持たずとも、
真の力は自ら発揮できる。
 
きっと、このことができなくて、
認められない、認めたくないと
あがいていると、
 
自分の外側の、
何か体裁の良さげなものごとや、
師のようなものを探し、
心や魂までも明け渡してしまうのかも
しれない。
 
映画の中で
闇の側の登場人物が、
「フォースが必要だ、教えてやる。
師が必要だ」
みたいな台詞を言っていたけれど、
光の側の人物は、
師の力など必要とせずに
自らのフォースを
ちゃんと思い出していた。
 
恐れや不安を勝手に作り出すことで、
「できない」「無理だ」という制限を、
自分で設けてしまっている。
 
すべては自分次第なのだ。
 

〜とことん自分をかまってあげたいあなたへ〜

 

あなたの魂の輝きを思い出してみませんか?

★「魂の開花の個人セッション」詳細は⇨こちら