とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

両方があるからわかること

今年に入ってから、なぜか「光と闇」がテーマだった。

それがワークで「陰と陽」両方をじっくり体感してみたことで、

「この身をもって魂が望んでいることを最大限やって生きて行く!」

という感覚がくっきりとした。

 

どん底を見たから、栄華を極めることの喜びがあり、

深い悲しみがあったから、大きな喜びを感じることができ、

それが「生きていること」そのものなのだろうなという気がする。

 

生きているって、心臓がどくどく鼓動を打っていて、

身体の隅々まで細胞の一つひとつが活動していて、

泣いたり笑ったりと感情がめまぐるしく動いて、

ときに、自分でもよくわからないけれど、

なんだか確信していることがあったり、

ひらめいたりすることがあったりと、

人知を超えた何かを感じたり。

 

顕在意識では「嫌だ。苦しい」と言っていても、

実はそれすらも、魂のレベルでは望んでいることなのかもしれないと思うと、

すべてを受け容れて進んでいくのが

お得な生き方と言えるのかもしれない。

 

 

〜とことん自分をかまってあげたいあなたへ〜

 

あなたの魂の輝きを思い出してみませんか?

★「魂の開花の個人セッション」詳細は⇨こちら