読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

私の足元

ヘルパーさんがつかない日だったので、

バス停まで付き添った。
 
自宅から歩くこと約30分。
 
f:id:canoca:20160513083529j:image
 
山越えするので足元はスニーカー。
 
雑木林から見上げた初夏の空。
 
f:id:canoca:20160513083647j:image
 
こうやって、家族や自然に寄り添うと、
私が生きていく上の基盤について
考えさせられる。
 
毎朝早起きしていくつも弁当作ったり、
学校に提出する連絡帳に
体温、健康状態、睡眠、排泄、食欲など
子供たちの様子を記入したり、
制服の取れたボタンをつけたり……。
 
一見そんな煩わしそうな日々の営みが、
私を私たらしめていると気付いた。
 
やはりここがぐらついてはダメなのだ。
人の手を借り巻き込みながらも、
暮らしという基盤を整えることで、
私自身に栄養が行き渡る。
 
以上、五月晴れの朝に感じたあれこれ。
 

「置いてけぼりの人生を取り戻したい」と思った方へ

 

あなたの魂の輝きを思い出してみませんか?

★「魂の開花の個人セッション」詳細は⇨こちら