とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

寝ぼけた頭の中に浮かんできた言葉たち

少しだけ蒸し暑い日曜の朝。

セミの鳴き声と少しぬるさが混ざった涼しい風が、

窓の隙間からそよいでくる。

 

今朝の夢を思い出しながら、机の前でペンを走らせている。

私はどこから来てこれからどこに向かうのだろう?

 

目が覚めるまでゆっくりと眠った頭はまだ、本格始動していないようだ。

 

今日は7日間のわくわく実験の2日目にあたる。

わくわくすることをまだどこかでブレーキをかけていた自分がいたことに気付く。

 

わくわくとは心だけでなく、細胞が沸き立つような感覚なのだと思う。

単に「楽しい」「嬉しい」ではないようだ。

 

魂が経験したいことはすべて「わくわく」することのような気がする。

たとえそれが気に染まなかったことだとしても……。

 

なんだか、生きているだけで「わくわく」の集大成のような気がしてきた。

 

家族や友人、仕事関係でのトラブルや、

自分に起きている一見深刻な問題すら、わくわくの種。

 

そう考えると、毎日の生活の一つひとつをちゃんと味わっていくことが、

わくわく人生をより濃く生きるコツと言えそうだ。

 

私は今日1日、何にわくわくしたいんだろう?

 

行きつけのインドカレー屋に行くこと?

地元のカフェに行くこと?

洗濯物をきれいに干すこと?

少し散らかった家の中をきれいに片づけること?

外出する時の服装をあれこれ悩むこと?

リビングのエアコンで快適な温度と湿度を手に入れること?

みそ汁の具材必要なこんにゃくを買うのに、

コンニャク芋を使ったぷりぷりの歯ごたえのものを買うこと?

 

などなど、なんということのない1日の中の一瞬一瞬の選択で

世界が無限に広がっていく。

毎日がビッグバン。

 

さあ、今日の私は

どんなことに

どんな選択をして

どんな世界に向かうんだろう?

 

誰かが、「碁盤の世界は宇宙そのものだ」と言ってたけど、

わざわざ碁盤の前に座って囲碁を打たなくても、

生きているだけで最高のゲームをして遊べることになる。

 

そんな壮大なゲームを世界中の人間は毎日繰り返しているんだ。

 

「置いてけぼりの人生を取り戻したい」という方へ

 

あなたの魂の輝きを思い出してみませんか?

★「魂の開花の個人セッション」詳細は⇨こちら