とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

原始的な営みが与えてくれるもの

先日、海のそばの緑が生い茂った場所で、

次男の友達親子で集まってバーベキューをした。

f:id:canoca:20160810095105j:image

 

自分ひとりでとか、

友達と連れ立って出かけることが難しい子たち。

 

一人のお母さんが思いついて動いてくれたおかげで、

とても楽しい時間が過ごせた。

 

薪と新聞紙でキャンプファイヤーの櫓のようなものを組み、

火をつけていく。

 

その日は風が強かったので、灰は飛び散るし、

うっかりすると炎もメラメラと大きくなる。

 

ある意味、子供たちよりも親たちの方が

そんな状況を楽しんでたかもしれない。

 

野菜を洗って包丁で切って、

櫓の上に乗せた鉄板で焼く。

 

火と水の力を借りて、自分たちの手と体を使って

皆で協力しあって食べるものを作っていく。

 

このプロセスが面白くって……。

 

櫓を上手に組み立てて火を起こせる人。

 

野菜切りや食後の食器洗いを子供たちにうまく

分担させる人。

 

暑い中、積極的に火のそばでの作業に取り組む人。

 

見事にチームとして機能していて素晴らしかった!

 

私はというと、新聞紙がうまく燃えるように

ちぎって丸めたり、

 

焼きそばが上手くほぐれるよう、水をかけたり、

 

焼きあがった料理を大きなボールで受け取りに行ったりと、

隙間作業担当。

 

出来上がったのは家でも食べられそうなメニューだったけど、

かかった手の数だけ美味しく感じた。

 

f:id:canoca:20160810095125j:image

 

自然の中で、火と水の力を借りて、調理するという、

いつもより少しだけ原始的な営みは、

五感を豊かにしてくれる。

 

子供たちも

まったりとくつろぐ子、

はしゃいで動き回る子、

記念撮影に励む子と、

それぞれが楽しんでいた。

 

便利、簡単なだけが豊かさじゃないんだなって感じた

夏の一日だった。

 

 

「置いてけぼりの人生を取り戻したい」という方へ

 

あなたの魂の輝きを思い出してみませんか?

★「魂の開花の個人セッション」詳細は⇨こちら