読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

「君の名は。」の何が良かったのか考えてみた

先週『君の名は。』を観てから、

どっぷりとその世界にはまってしまっている。

 

サントラ盤を購入し、携帯の壁紙もこの映画のイラストに替え、

 

f:id:canoca:20161009003034j:image

暇さえあれば、動画や関連サイトのチェック。

 

とにかく、

 

映像が美しい。

音楽が美しい。

ストーリーを紐解いていくのが面白い。

甘酸っぱくて、切なくて、爽やかで、まさに青春!って感じ

 

……などなど、グッとくるポイントがいくつもあるんだけど、

 

とりわけ私がじ〜んと来たのは、

彗星落下から糸守町民を助けるべく、

主人公たちが奔走する場面だった。

 

それも落下の予測すらされておらず、

なかなか周囲の理解を得られない状況で、

主人公がかすかな記憶からの感覚に従い、

「この作戦が必ずうまくいく」という確証もない中で行動を起こす。

 

「もっと自分を信じてみようよ」

映画からそんなメッセージを受け取った。

 

もう、あまりにも受け取ったものが多くて、

もっとじっくり味わいたいので、

近日中に2回目を観に行く予定。

 

 

 

「置いてけぼりの人生を取り戻したい」という方へ

 

あなたの魂の輝きを思い出してみませんか?

★「魂の開花の個人セッション」詳細は⇨こちら