読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

太くなったのでなく、広くなった

現在毎日元気に養護学校高等部に通っている16歳の次男。

この冬も、今のところ風邪もひかずにとても元気に過ごしています。

 

しかし、ここに来て退行現象が起き、

まるで幼児のような粗相を毎日繰り返しています。

 

そのため、いつもの家事に加えてその片付けもすることとなり、

なかなか忙しい……。

 

実は同じようなことが、彼が小6〜中3だった頃にもあり、

その時は、ずいぶん神経を消耗させたものでした。

 

今回もそれなりに「なぜそれをやる?」と

突っ込みたい気分にもなるのですが、

前回のこともあってか、

「あーあ、やっちゃったね。でも仕方ないか」と

構えている自分もいます。

 

そのことを夫に、

「私もずいぶん神経が太くなったなあ」と話すと、

 

「違うよ。太くなったんじゃなくて広くなったんだよ」

と返され、

 

ああ、そうか。

私の心、広くなったんだ。

 

その言葉に、なんだかすごく納得したのです。

 

定型発達からは程遠い、世の中の一般的なやり方は

まるで当てはまらなかった育児。

 

疎外感を味わいながら、つまづき、悩み、

目の前の我が子に向き合うことで

その道を探って来ました。

 

おそらく、その暗中模索のプロセスが、

私のちっぽけだった心のヒダを

少しずつ広げてくれたのだと思います。