とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

羽ばたけなかった小鳥たちへ

「闇が光に変わる。太陽になる。朝になれば日が昇る。

ここで一気に形勢逆転」

 

f:id:canoca:20170524093403j:plain

 

 

卵から孵った雛鳥の巣は軒下にあり、

強い陽射しや風雨にさらされることもなく、

親鳥の庇護を受けることができ、

なんの問題もないはずだった。

 

なのに、巣の中はぎゅうぎゅう詰めで

餌をもらうのも順番待ち。

 

そのうえじゅうぶんに腹を満たすこともできず、

他の雛鳥に向けられた親鳥の関心を

自分に向けてもらいたくても、

なぜか叶わない。

 

自分だけ黒い雛だから?

皆とさえずり方が違うから?

 

そのうち黒い雛鳥は、他の雛鳥たちから

小さな口ばしで突かれ、

餌をもらう順番を飛ばされ、

しまいには親鳥にあることないことを吹き込むようになり、

しまいには、巣から追い出された。

 

黒い雛鳥は、鳶や烏、猫といった外敵から身を守るため、

小さな体で目を釣り上げたり翼を広げたり、

威嚇するような鳴き方を身につけていくしかなかった。

 

そうやって成長した黒い雛鳥は、

強くたくましく立派に羽ばたくはずだった。

 

しかし、彼は大事なことを教わっていなかった。

 

……そう、誰からも飛び方を教わっていなかったのだ。

 

彼は、他の鳥たちが大空を悠々と飛んでいるのを地面から

眺めては、

「なぜ自分だけが飛べないんだ?」

「どうやったらああやって自在に体を操れるのか?」

と、彼なりに研究しながら羽をばたつかせた。

 

f:id:canoca:20170524092932j:plain

 

にもかかわらず、彼の足先は地面を離れることがなかった。

 

彼は自分の体がひどく重いのを感じた。

それと同じくらい、心も鉛のようにずっしりして、

乾きすら覚えるようになっていた。

 

そしてなす術もなく途方に暮れるばかりだった……。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■  

 

 忘れていた自分に会いに行こう! 〜自分を思い出す旅のご案内〜

あなたの中に眠っているときめきの種を思い出して、

イキイキとした人生を送ってみませんか?

★LDM(ライフ・デザイン・メソッド®︎)個人セッション・魂の開花の個人セッション

 詳細は⇨こちら