とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

しくじり女子の成れの果て〜はっきり言っていたはずだったのに

タイトルにある「女子」っていう言葉を使って良いのか

憚られる年代の私ですが、

使ってみたかったので書いてしまいました。

 

幼い頃から、両親や親戚、友人たちに

「はっきりしているね」

と言われて来ていたはずなのに、

 

結婚してからは、一番近くにいた夫にも

さんざんはっきりものを言って来ていたはずなのに、

肝心なところの意思の疎通が

なかなか図れていませんでした。

 

その肝心なところって、

言葉にしてしまうと、

 

寂しい、

悲しい、

不安だ……。

 

と、もう書いているだけで、

消え入りそうな弱々しいことばかり。

 

でも、なぜそれが伝わらなかったのだろうという謎が

最近解けたのです。

 

それは、

良い妻だったらこんなことくらい目を瞑るはずだとか、

良い母とは何があっても受け入れるはずだとか、

いい女っていうのは……(以下、延々と続く)

 

といった、

完全に世間目線の自分を演じていたからだったということ。

 

で、また、よく自然体がいいって言うでしょ?

 

それすらも、

いつも穏やかに笑みを湛えている人とか、

郊外でヨガやってる人とか

森ガール(←古い!?)みたいなのをイメージ

してたから、ますますややこしくなっていました。

 

自然な私って、大自然そのものだったのにね

 

荒れ狂う海も、

沸々と煮えたぎるマグマも、

凍てつくような吹雪も、

干ばつを起こすほどの灼熱の太陽も、

 

ぜんぶぜんぶ自分の中にあったのに、

世間目線の自分を演じてしまっていたせいで、

その本質が相手に伝わらなくなってしまってたんです。

 

だから、夫にも妻の危機?がピンとこなかったのでしょうね。

 

f:id:canoca:20170703103555j:plain

↑心の中はこれくらいグツグツしていたのにね(笑)

 

世間目線の自分をいったんオフモードにしてみたいという方、

 

7月29日(土)横須賀で開催するこちらのイベントと、

↓ ↓ ↓ ↓

canoca.hatenablog.com

 

 

私が提供している個人セッション、

↓ ↓ ↓ ↓

canoca.hatenablog.com

 

が超オススメです。

 

つい先日も、以前から私を知る方に、

「前より思ったことを表現している。

発言の内容とか雰囲気とか変わっている」と

言われたばかり。

 

きっとこれからもどんどん変わっていくのでしょう。

まだまだ私も進化中で〜す。