とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

心の叫びをそのまま出してみる

つい先日、

 

ある件で

夫がよそのお子さんの面倒をみることに

なったと聞き、

ほどなくてなんとも言えないムカムカした

気持ちがこみ上げてきました。

 

一体これは何だろう?と自分でもびっくりしたのですが、

心の奥のマグマが噴出してしまったようです。

結果的には良かったんだけどね。

f:id:canoca:20170705140324j:plain

それは、そのお子さんのママに向けたものでもなく、

お子さん(まだまだ手のかかる幼児)にでもなく、

 

私の子供がもっとも手の掛かった時に、

夫が関与してくれなかったことへの怒り、

もっと言えば悲しみだと気がついたのです。

 

もちろん、私のことだから、

その当時も散々夫に窮状を訴えてはいたのです。

 

では、どうして私の声が夫に届かなかったのでしょう?

 

今思うに、当時の私は、頭でっかちだったので、

感情表現ではなく、理詰めでコンコンと言っていたに

違いありません。

 

でもそれって、

心の声じゃなくて、頭(思考)の声。

 

夫の琴線に触れるはずもありません。

 

だからあれからもう10年以上経つのに、

当時味わった深い悲しみがまだ残っていたのです。

 

そして夫にそんな自分のムカムカを伝えたところ、

夫はきちんと受け止めてくれました。

 

今回のことに限ったことじゃないけれど、

男の人の懐って本当に深いです。

 

でも、その懐を浅くするのも深くするのも

女性次第なんだなあと、つくづく実感しています。

 

この記事でも似たようなことを書いてます。

育児がらみではないのだけど、

遡って見ると、夫の懐が深くなっています。

↓ ↓ ↓ ↓ 

canoca.hatenablog.com

 

■ ■ ■ ■ ■ 開催予定のイベント・提供しているメニュー 一覧■ ■ ■ ■ ■ 

 

個人セッションをご希望の方はこちらをどうぞ。

↓ ↓ ↓ ↓

canoca.hatenablog.com