とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

子連れで家出したときのこと

まだ子供たちが小さかったころ、

家出したことがあります。

 

当時の私は、

乳児と手のかかる幼児、遊びたい盛りの児童を抱え、

連日の育児で疲労困憊、体力も限界でした。

 

そんなある日のこと。

 

少しでも体を休めたくて、

半日出勤から帰宅した夫に、

子供を見てもらうようお願いしたにもかかわらず、

夫は一人で外に遊びに行ってしまいました。

 

堪忍袋の尾が切れた私は、

義母の「何かあったらいらっしゃいね」という言葉を思い出し、

子供三人を車に乗せ、最後の力を振り絞り、

義実家へと車を走らせました。

 

心身ともに限界だった状態の運転で、

よく事故らなかったと今でも思います。

 

小一時間ほどで義実家に到着し、

義母や義兄は一目私を見るなり、

すべてを察知したようで、

私は敷かれた布団に倒れこむように横になりました。

 

f:id:canoca:20170717134524j:plain

 

ちょうどそのころ、外から戻った夫は

誰もいなくなった自宅を見て驚き、

心当たりのあるところへ電話をかけたそうです。

 

さすがに私の実家にはかけられなかったとか。

 

最終的には自分の実家に妻子がいることがわかり、

迎えに来ましたとさ。

 

今となってみれば、

ここまでこじらせてしまう前にどうすればいいか

よ〜くわかるのですが、

今日は、なぜかこのことを書いて見たかったので

書いてみました。

 

 

■ ■ ■ ■ ■ 開催予定のイベント・提供しているメニュー 一覧■ ■ ■ ■ ■ 

 

★LDM個人セッション・魂の開花の個人セッション(随時受付中)

こちら

 

★茶話会も開催しています。

ブログにてお知らせいたしますので要チェック!