とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

有り余るエネルギーの使い方

ず〜っと昔から、

自分の中に熱く激しいものがあることには

気づいていました。

 

自分ではうまく隠してるつもりでも、

周りにはわかってしまうようで、

 

友達に「男の兄弟がいるみたい」と言われたり、

スキーのインストラクターに

「滑りにあなたがよく表れている」と言われたり、

義母や年長者の男性に「あなたは男だ」と言われたり。

 

その言葉が何を意味するのか、

考えたり尋ねたりしたものの、

結局よくわかりませんでした。

 

だって女性だし、

女兄弟しかいないし、

特に論理的でもないし、

屈強な肉体を持っているわけでもない。

 

しかし先日、それが一体なんだったのかが

ようやく理解できたのです。

 

f:id:canoca:20170802044342j:image

 

私の中の熱い激しい何かとは、「闘争の性」で、

一つのことに対する追求のエネルギーが強く、

下手すると自滅しかねないのだとか。

 

つまり、エネルギーが強く有り余っているということ

 

もう、ここまでわかりやすく説明されちゃうと、

おっしゃる通りですって答えるしかありません。

 

なんかガツガツしているようで

認めきれてなかったの。

 

でも、そんな私だったから、

発達障害児を含む3人の男子を育ててこられたのだ

とさえ思えるようになりました。

 

ここまで読んで、

「自分もそうかもしれない」と思った方、

どう生きていけば良いかを最後に書いておきますね。

 

それは、

「これは!」という得意分野にとことん打ち込み

極めていくことだそうです。

そして地道な基礎を積み重ねていくこと

 

あなたも私も自分の道を極めてまいりましょう。

 

f:id:canoca:20170802044413j:image

 

■ ■ ■ ■ ■ 開催予定のイベント・提供しているメニュー一覧■ ■ ■ ■ ■

 

 

★LDM個人セッション・魂の開花の個人セッション(随時受付中)

こちら

 

★茶話会も開催しています。

ブログにてお知らせいたしますので要チェック!