華麗に炸裂してレディとして生きていく方法

魂の疼きの華麗なる炸裂の後にはあなただけの花が咲く

二重まぶたになると人生は変わるのでしょうか?

もう大昔のこと。

冬休み明けの大学の廊下で友だちに、

「まぶたが二重になってるけど整形したの?」と

聞かれたことがありました。

 

鋭利恐怖症なうえに、

目薬をさすのも怖くて仕方がない私に

そんな勇気のあることはできません。

 

ちょうど二十代に差し掛かり、

顔の脂肪が落ちるとともに、

一重が二重になったのでした。

 

一重まぶただったときは、

「ぱっちり二重になったら

どんなにか人生バラ色だろう」と

夢見ていました。

 

いえ、一重のときだって、

毎日エンジョイしていたんですよ。

 

しかしいざ二重になっても、

特に大きな変化は起こりませんでした。

 

そんな私だから言えます。

「まぶたが一重か二重か気にするよりも

自分の魅力を表すことが先決だ」って。

 

でも、自分の魅力ってどんな感じか

わからない人の方が多いと思います。

 

そこでこのたび、

もともと生まれ持った顔立ちに似合う

ヘアメイクやファッションをすることで、

自分に調和したスタイルで生きられる

花鳥風月スタイル診断アドバイザー」

資格取得に向けて励んでまいります。

 

私自身、このスタイル診断を受け三年が経ち、

自分の顔立ちを受容できるようになりました。

 

そしてそのことが、自分の内面にも大いに

影響しているのを感じています。

 

今までの、クラスやセッションによる

内面からのアプローチに加えて、

一番外側に当たるお顔立ちからも

アプローチしていけるようにしていきますので、

どうぞお楽しみに!

 

続きはこちら。 

 

canoca.hatenablog.com