とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

誰もがグレイテスト・ショーマン

あちこちから、

「もうすぐ終わっちゃうから

早く観た方がいいよ」と言われて、

やっとこさ観てきました。

 

f:id:canoca:20180428143938j:image

 

少しだけネタバレになるのだけど、

映画の中で印象に残ったシーンはというと……。

 

主人公の興行師がユニークな人材を求めたところ、

姿かたちも人種も特技も様々なメンバーが

集まってきて、ショーを創り上げていきます。

 

親からも

「生まれなかった、存在しない者」として

扱われてきたり、

その容姿を周りから馬鹿にされたりしたせいで、

自分を表現できなかった人たち。

 

そんな彼らが

「どう見られてもいい。これが私なの」と、

等身大の自分をショーに出演していく中で、

コアな自分を取り戻していきます。

 

もちろん、その道筋は決して平坦ではなく、

山あり谷ありなのですが……。

 

私は「これが私なの」をやりきっているだろうかって

映画を見ながらずっと自問していました。

 

自分の人生の舞台で「これが私なの」であるとき、

誰もがグレイテスト・ショーマンなのですよね。

 

そんな世の中になっていったらどんなにかいいかしらと

観ていて胸がいっぱいになりました。

 

私が行っている活動も、

そんな世界になっていったらという思いで

続けています。

 

まだ観ていないという方も、ぜひご覧になってください。

 

映画『グレイテスト・ショーマン』オフィシャルサイト