とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

義母の手仕事が遺してくれたある意外なもの

先月亡くなった義母が

まだ元気だったころに漬けた

らっきょうの瓶。

 

f:id:canoca:20180502104607j:image

 

夫が持ち帰って来て

毎朝少しずつ食べています。

 

夫はこの瓶かららっきょうを

取り出して食べるたびに

義母のことを思い出し、

懐かしい味を噛み締めて

いるのでしょう。

 

そしてこのらっきょうは、

ただ懐かしくておいしいだけでなく、

義母と夫をつなぐ、

最後のへその緒のようなもので、

栄養以上のもの、

義母の想いとかそういったものも

含まれていて、

義母亡き後も夫の中で

これからを支えていく柱のようなものに

なっていくのかもしれません。

 

この瓶が空っぽになるころ、

それが完成するのでしょうか……。

 

後世に残るような功績というのも

あるけれど、

こんな形で後世に影響を与えることも

できるのですね。

 

毎日忙しい中で、

あなたの作ったご飯や、

アイロンがけしたシャツも、

自分や大切な人の「柱のようなもの」に

なっているに違いありません。

 

 

★LDM個人セッション・魂の開花の個人セッション

こちら

 ★LDMインスピレーション力®︎1日集中クラス

こちら