とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

心の器が広がるとき

今日は晴天の下、

義母の四十九日法要がありました。

 

法要後は地元に戻って

しばしティータイムを……。

 

f:id:canoca:20180511200040j:image

 

海辺のテラス席で日光浴しながら、

心の虫干しもできちゃいました。

 

さて、話は変わりますが、

生きていていろんな人に関わる中で、

つい自分のことは棚に上げて

人の言動にカチンと来ることって

ありませんか?

 

「あの横柄な物言いは何なの?」とか、

尊大な態度が鼻に付くとかね。

 

実は私にもそんな存在がいたのです。

 

でもね、つい先日、

まるで雪がすっーと溶けるように

そんな気持ちが消えていったのです。

 

自分でもちょっと意外な展開で

戸惑うほど……。

 

そこでなんとなく感じたのは、

「心の器がちょっとだけ

広がったのかも?」

ということ。

 

では器ってどうすれば

広がるのでしょう?

 

私が思うにそれは、

自分の思い通りにならないことが

あったり、

何かを貫くために向き合うべきものから

投げ出さなかったり、

突き落とされるような出来事が

あったりと、

一見避けて通りたいような体験を

通して、そうなっていくのかなと。

 

だからあんなにイラっと来ていた

その人のあんなことやこんなことが、

まったく気にならなくなったどころか、

むしろ愛おしささえ覚えるように

なっていました。

 

こういった嬉しい変化って、

確実に心の豊かさに繋がりますね。

 

まだまだ広げ甲斐のある器なので、

伸びしろじゅうぶんな私。

 

ひとりの人間として、

また母や妻といった役割を通して、

この世で練られていくことでしょう。

 

 

 ★LDM個人セッション・魂の開花の個人セッション

こちら

 ★LDMインスピレーション力®︎1日集中クラス

こちら