華麗に炸裂してレディとして生きていく方法

魂の疼きの華麗なる炸裂の後にはあなただけの花が咲く

多様性を謳う前にやっておきたいこと

ちょっと前にこんな記事をアップしていました。

 

canoca.hatenablog.com

 

現在私が掲げている

華麗に炸裂してレディとして生きていく

プロジェクト」の原型とも言えるものです。

 

というのも、

私自身、自分の成長過程において、

また、発達障害の子どもを育てていく中で、

「普通」とか「一般」という枠が

窮屈でたまらなかったことがしばしばあったし、

それに括られるのも違和感があったし、

「普通って何だろう?」という問いが

常に頭にあったから。

 

f:id:canoca:20190512231550j:image

 

そんな自分の生き方や子供の育て方で

葛藤を抱えつつ試行錯誤して過ごしていた

今から4年前、

映画『みんなの学校』

渋谷の小さなシアターで観て、

閉塞感に風穴が開くような心地よさを

覚えたの。

 

そして今日、映画に登場していた

大空小学校元校長の木村泰子さんの

講演会を拝聴してきました。

 

自分を振り返ってみると、

1人の保護者として

私なりに学校に働きかけたやり方は、

他の障害児を持つ親御さんとは

違うやり方だったので、

なかなか理解者がいなかったし、

思うように形になったとも

言い切れなくって、

三男の義務教育が終わってからも

それがちょっとだけ心残りでした。

 

でも、講演を聴いて、

私のとったやり方は、

私と子供にとっての正解だったのだ

ようやく確信が持てました。

 

もし、当時私のとったやり方を

聞いてみたいという方がいらしたら、

こちらからお問い合わせください。

 

そして、講演の中でも言われていたのだけど、 

多様性が認められる社会を謳うのであれば、

まずは私たち大人が、

長年の間に刷り込まれた

常識や固定観念に対して

「それって本当?」

「なぜそうなの?」

などと向き合ってみないとね。

 

私は教育関係者ではないけれど、

華麗に炸裂してレディとして生きていく

プロジェクト」に参加された方達に、

「思い込み」という枠をいったん外してもらうことを

今後も続けていくつもり。

 

それが華麗に炸裂する大前提となるから。

  

f:id:canoca:20190424211653j:image

すっかり夜遅くなってしまったけれど、

来週も華麗に炸裂していきましょう🌹

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

初めての方・迷っている方⬇︎

♠︎恩送りタイム→こちら

オンラインまたは対面形式で

体験セッションを受けたり、

各種ご質問などをしていただけます。

何を話したら良いかわからないという方や

タカノカナエと話してみたいという方も

ぜひどうぞ。

 

持って生まれた魅力を最大限に活かす⬇︎

♠︎花鳥風月スタイル診断→こちら

お顔立ちから診断した

あなたに似合うスタイルを

頭から足の先までご提案します。

 

内面とファッションの両方から

あなた本来の魅力を取り戻しましょう⬇︎

♠︎華麗に炸裂してレディとして

生きていくプロジェクト→こちら

 

♠︎最新スケジュール→こちら

 

♠︎アメブロも更新中→こちら