華麗に炸裂してレディとして生きていく方法

魂の疼きの華麗なる炸裂の後にはあなただけの花が咲く

わからなくても進んでいきましょう

🌹平成の終わりでもある

4月30日(火)の23時59分で受付終了の

恩送りセッションに、

駆け込みでお申し込みをいただいています。

 

実際にセッションするのは

新時代の令和に入ってからとなりますが、

気になる方は今のうちにどうぞ♪

恩送りセッション

 

🌹今年は長〜いゴールデンウィーク

いつもと違ったことをしてみたい。

そんなあなたにオススメです。

5月2日(木)青森駅前で

私とおしゃべりしませんか?

※4月29日(月)までにお申し込みください。

華麗に炸裂するお茶会in青森

 

f:id:canoca:20180426201045j:plain

もうすぐ端午の節句ですね♪


さて今月は、

次男と三男が新生活をスタートさせて

そのサポートでバタバタ過ごしましたが

ここのところ、

ようやく軌道に乗って来たようです。

 

学校の先生方や施設のスタッフや友だち、

ママ友さん、

そして名も知らぬ通りがかりの方など、

私の見えないところでたくさん

気にかけ、目にかけていただいた

おかげでもあります。

 

昨日はスーパーのレジで次男と並んでいると、

担当してくださった女性スタッフが、

「多分、うちの子、同じ学校だったと思う」

と声をかけて来ました。

 

よくよく話を聞いてみると、娘さんが

次男と同学年で、小中学校と一緒だったとか。

 

夕方、人でごった返すスーパーの中での

懐かしさを感じる会話に

心が温まりました。

 

当時の私は目の前のことで

いっぱいいっぱいで、

何が正解かもわからなくて、

毎日もがきながらも

息子たちに関わっていたっけ。

 

参観日に学校に行けば、次男を指差して

ニヤニヤしながらひそひそ話をする

知らないママさんの姿を見てしまい、

ショックを受けたこともありました。

 

でも、昨日のレジでの一件のように、

在学中も卒業後も、思わぬところで

声をかけてくださる方たちが

けっこういらっしゃるのです。

 

そんなとき、

「何が何だかわからなくて必死だったけど、

よかったな」と思うのです。

 

もちろん今だって、

わからないことだらけだし、

何が正解かもわかりません。

 

でも、通り過ぎた後に何かを感じて

何かがわかるようになるのかもしれない

 

そんな風に捉えています。

 

 

f:id:canoca:20190424211653j:image

それでは今日も華麗にsakuretsuしていきましょう🌹

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

★装い難民の方、お待ちしております♪

あなたに似合うスタイルを頭から足の先までご提案します 

★花鳥風月スタイル診断→こちら

 

★最新スケジュール→こちら

 

アメブロも更新中→こちら