とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

祈るように暮らす

家族が出払った家の中、

カーテン越しに冬の柔らかい

陽射しを感じながら、

キッチンで煮込み料理を

仕込んでいたときのこと。

 

トントンと包丁がまな板に当たる音、

火にかけた鍋がコトコトと吹き出す音。

 

そして目の前は、

少しだけ雑然としたリビング。

 

なのに、とても神聖な儀式を

執り行っている気持ちになったのです。

 

BGMがサンスクリット語

般若心経だったからでしょうか?

 

真相のほどはわかりませんが、

おだやかな調に合わせて聞こえてくる

お経は、意味はわからなくても

人のこころを平安に導いてくれることに

あらためて驚きました。

 

そして、いつなんどきも

こんな気持ちで暮らせたら、

どんなにか安らかでいられるだろうかと

思いました。

 

そんな境地はまだまだ遠く向こう。

でも、蜃気楼を一瞬だけ捕まえたような

ひとときでした。

 

祈るように暮らせたら……。

 

私の願いがまたひとつ増えました。

 

f:id:canoca:20171213221446j:image