とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

心のお部屋の模様替え

部屋の壁を塗り替えたくて

ペンキを買いにホームセンターに行ってきました。

 

10年くらい前は、まだペンキの色って

限られていたのですが、

久々に売り場に行ってみると、

1,000色以上もある豊富な色見本の中から、

自分の好きな色を作ってもらえるようになっていて、

時代の流れを感じました。

 

f:id:canoca:20170909200820j:image

 

お店の人に色番を伝えて待つこと10分。

希望通りの色を手に入れることができました♪

 

ペンキ塗り実行部隊の夫としては

すぐにでも塗りたかったようですが、

今日のところは買うまでにしようとなりました。

 

今の自宅インテリアは、

まだ子どもたちが小さかったころのまま。

 

家族の成長とともに、

大人の家づくりに励んでいこうと

考えています。

 

……と、ここまで書いて、

人の心もおんなじだなあって思ったの。

 

ある時期、自分にとって心地よかった思考や習慣を

ずっと握りしめたまま、月日だけが経っていくことって

あるよなあって。

 

たとえば、まだ小さくて生活のすべてを

親に見てもらっていたころは、

親の言うことは絶対だったかもしれない。

 

でも、成長して社会に出て自活できるようになってまで、

すべてを親の指示に従って決めることはしないよね?

 

なのに、深いところで過去の習慣を握りしめていることって

意外とあったりする。

 

それが今、自分を生きる妨げになってなければ

それはそれでいいんだけど、

 

「親が、『この職業がいい』と言っていたから」

「母が、『結婚するならこんな人がいい』と言っていたから」

 

などなど、自分が望んでいる人生とかけ離れた価値観を

手放せていないとかね。

 

もし、そう言った影響を受けていないまっさらな自分だったら

どんな生き方をしたいんだろう?

 

そう感じた人は、ぜひ心のお部屋の模様替えをされることを

ご提案します。

 

ずっと貼ってあった古びたポスターを剥がしたり、

くすんだ壁紙を張り替えたり、

部屋の隅に溜まっていたホコリを取り除いたりして、

今の自分にぴったりの心のお部屋にしちゃいましょう。

 

f:id:canoca:20170909200644j:plain

 

こちらのクラスとセッションがオススメです。

インスピレーション力®︎1日集中クラス

個人セッション