とことん自分をかまってあげるブログ     

夫や子供、読者をかまっていたつもりだったけれど、結局自分を一番かまいたかった

ただ、そうだったから

障害のある子供を育てるようになって、

「どうして私のところに生まれてきたのだろう?」

「どうしてこの子は障害を持って生まれて来たのだろう?」と、

霊能者や治療家など、いろいろな人に尋ねて回りました。

 

前世がどうとか、

宇宙から来た魂だからだとか、

家系の因縁だとか、

 

実に様々なことを言われました。

 

あとは食生活が原因だとか、

親のあり方に問題があるとか……。

 

いったい何が正解なのかいまだにわかりませんが、

ある言葉が降りて来た時、

憑き物が落ちたみたいにすっきりしたのです。

 

それは、

ただ、そうだったから

 

そう考えると、

頭の中であれこれと理屈をこねくり回していた時と違って、

目の前の我が子を、まるごと受け入れられたような気がしたのです。

 

きっと外側から理由をつけていた時は、

「自分が思い描いていたような子育てではない」と思って、

障害児の母親である自分のことも、

我が子のことも受け入れていなかったのでしょう。

 

このことに限らず、

自分ではどうしようもできないこととか

不条理なことってたくさんありますよね。

 

そのことについてなまじ知識があるがゆえに、

理論を持ち出し分析したくなっちゃうかもしれません。

 

でも、そうやっていじくりまわしているうちは、

消化も昇華もできないんじゃないかな。

 

そんな時、「ただ、そうだったから」とひと言

唱えてみることで、

私のようにスコーンと何かが抜けるんじゃないかな。

 

ふとそう感じたので書いてみました。

 

f:id:canoca:20170719202022j:image 

いつかの夏の空。

 

■ ■ ■ ■ ■ 開催予定のイベント・提供しているメニュー 一覧■ ■ ■ ■ ■ 

 

★LDM個人セッション・魂の開花の個人セッション(随時受付中)

こちら

 

★茶話会も開催しています。

ブログにてお知らせいたしますので要チェック!