華麗に炸裂してレディとして生きていく方法

魂の疼きの華麗なる炸裂の後にはあなただけの花が咲く

勝手に重い荷物を背負っていたのは他ならぬわたし自身でした

昨日参列した三男の中学校の卒業式は、

母親の私にとっても

「義務教育からの卒業式」

だったのかもしれません。

 

寂しさよりも清々しさの方が勝って、

大きな何かを一つ達成したようで、

心が晴れやかでした。

 

式の後、各クラスで行われる最後の

ホームルームでの彼の様子を見ていると、

 

途中、波風はいろいろあったものの、

彼なりにクラスメイトとの交流を

楽しんでいたことがうかがえたり、

 

私が存じ上げていない保護者の方たちに

あたたかく見守られていたことが

わかったり、

 

彼が在籍していた特別支援学級でも、

先生方が愛情いっぱいに生徒たちに

接してくださっていたのだなあと

こちらまで胸が熱くなったりと、

 

三男自身も、私も、

いかにたくさんのギフトを

受け取っていたのかを、

ひしひしと感じました。

 

f:id:canoca:20190312113400j:image

 

以前よりかなり心の自由度が増した

私ですが、やはりどこかで必要以上に、

「周囲からクレームを言われないように」とか、

「私がなんとかしなければ」などと

力が入っていたのは、

それらのギフトに意識を向けず、また、

受け取ろうとしていなかったからなのかも

しれません。

 

自分への信頼がまだまだだと

明らかになった一件でした。

 

明後日には次男の卒業式が控えていて、

卒業後の進路は、次男は就労、

三男は進学となり、2人とも

4月から新しい世界へ飛び立つことに。

 

それらに伴うフォローは当面の間

必要ではあるものの、

私も新たな世界へ飛び立つべく、

背中に生えている羽根を

もっと広げたっていいのよね、と

じんわりくるものがありました。

 

この生き方ややり方を選んだ

私という人間を

とことん信じ抜いていくとします。

  

◇◆◇◆◇◆

 

★無料セッション受付中♪

詳細はこちら→恩送りセッション

 

★装い難民の方、お待ちしております♪

あなたに似合うスタイルを頭から足の先までご提案します 

★花鳥風月スタイル診断→こちら

 

★最新スケジュール→こちら